日本のイタリアンとイタリアのイタリアンの違い

日本のイタリアンとイタリアのイタリアンの違い

イタリアンは日本でも既に馴染みのある料理になりましたが、日本で食べるイタリアンと本場イタリアで食べるイタリアンは違いがあるという事を実体験を通じて感じました。

 

特にパスタ料理は違いがあると思います。
日本のイタリアンのお店で食べるパスタの多くは、ソース頼った味付けで、パスタ自体にはあまり塩気を感じません。
しかしイタリアのイタリアンのお店では、パスタ自体にしっかり塩気がついており、パスタ単体だけでも食べれてしまう程ソースに頼った味付けをしていませんでした。
ソースはあくまでシンプルで、酸味やコクを加える程度だったので初めてイタリアでパスタを食べた時は衝撃的でした。

 

また、日本のカルボナーラは生クリームを入れて作っているところ、イタリアでは生クリームは一切入れずに卵のコクだけで仕上げているのも衝撃的でした。
卵だけでは物足りないのではないかと思っていましたが、実際に食べてみると物足りないどころか直接的にガツンと旨味が伝わってきて本当に美味しかったです。

 

イタリアンはすっかり馴染みがあるとはいえ、まだまだ日本のイタリアンは本場には及ばないと思います。

 

ルーバー

関連ページ

嗚呼懐かしの生協ピザ
嗚呼懐かしの生協ピザ
彼の誕生日で最高のイタリアンディナー
彼の誕生日で最高のイタリアンディナー
お家イタリアンをもっと楽しめる料理
お家イタリアンをもっと楽しめる料理
イタリアン料理が好きになった理由について
イタリアン料理が好きになった理由について
シンプルなイタリアンが大好きです
シンプルなイタリアンが大好きです
さっぱり目のイタリアン
さっぱり目のイタリアン
イタリアンレストランでアルバイトした経験について
イタリアンレストランでアルバイトした経験について
イタリアンのマナーを教わっています
イタリアンのマナーを教わっています
私の好きなイタリアン
私の好きなイタリアン
イタリアンの人気の要因とは
イタリアンの人気の要因とは